紹介 執行役員 非執行役員 独立非執行役員 上級管理者 会社沿革 旺旺精神 旺旺物語 社歌 旺メディア 企業内雑誌 中国の旺旺 世界の旺旺
会社沿革
会社沿革
旺旺物語を語り、旺旺人の足跡を記録する
  • 2019

    ◆中国旺旺ホールディングス有限公司の株式(株式番号:0151.HK)はハンセン中国企業株指数の構成銘柄となった。
    ◆中国旺旺は、十一年連続で台湾インターナショナルブランドのトップ20に選出され、再び第三位を獲得した。

  • 2018

    ◆蔡衍明董事長は改革開放40周年中国食品産業功勳企業家の称号を獲得した。

  • 2017

    ◆旺旺スナック食品、飲料及び乳製品が「2017消費者が最も好きな食品ブランド」 を受賞した。
    ◆Financial Shared Service Centerを設立した。

  • 2016

    ◆旺旺スナック食品、飲料及び乳製品が「2016消費者が最も好きな食品ブランド」 を受賞した。
    ◆旺旺ブランドは2016年グローバルブランド足跡レポートで中国消費者が選ぶブランドのトップ10に選ばれた。

  • 2015

    ◆中国旺旺COO蔡旺家氏は「中国食品科学技術学会科技創新賞」、「傑作青年賞」を受賞した。
    ◆旺旺はスナック食品と飲料類で「2015消費者が最も好きな食品ブランド」を受賞した。

  • 2014

    ◆中国旺旺は「アジア週刊」による世界華商一千、最大手食品及び飲料企業大賞を受賞した。
    ◆中国旺旺の董事長蔡衍明氏は「ハーバード・ビジネス・レビュー」による2014年度世界のCEOベスト100人に選ばれた。

  • 2013

    ◆旺旺の製品と「中国旺旺」の旗は神舟十号宇宙船に搭載され、銀河を通り抜け、宇宙へと旅立った。
    ◆中国旺旺は五年連続で「フォーブス•アジア雑誌」によるアジア太平洋地域の優良大手上場企業50社の一社として選出された。
    ◆2013年10月に台湾のTDR上場を自主的に上場廃止した。

  • 2011

    ◆中国旺旺ホールデングスの株式はハンセン株価指数の構成銘柄となった。

  • 2009

    ◆台湾にて旺旺のTDR上場を実現した。

  • 2008

    中国旺旺ホールディングスは香港証券取引所のメインボードに上場した。株式番号:0151.HK。

  • 2007

    ◆旺旺ホールディングスは2007年9月にシンガポール証券取引所の株式上場を廃止し、中国旺旺ホールディングスの食品事業である投資ホールディングス会社設立を含む再編をした。

  • 2005

    ◆シンガポール外国企業協会の審査により、「国際企業ベスト100社の上位20位、且つ中国市場第1位」に選出された。

  • 1996

    ◆旺旺ホールディングスの株式はシンガポール証券取引所一部に上場した。

  • 1992

    ◆湖南旺旺食品有限公司の設立により、旺旺グループは中国大陸市場進出にあたって堅実な基盤を固めた。

  • 1983

    ◆旺旺ブランドが創立された。
    ◆日本の岩塚製菓株式会社と提携し始め、共に台湾米菓市場の開拓を行い、短時間で台湾市場のリード・ブランドの地位を確立した。

  • 1979

    ◆「旺仔」(旺旺坊や)ロゴが誕生され、台湾内需市場を開拓した。

  • 1977

    ◆蔡衍明氏が総経理に就任した。

  • 1962

    ◆宜蘭食品工業股份有限公司が設立された。